MENU

【画像】玉森裕太の肌がマシュマロ級に白くて綺麗!美肌の秘訣とは?愛用スキンケアもご紹介!

スポンサーリンク

Kis-My-Ft2のメンバーとして活躍されている玉森裕太さん。

ドラマや映画などにも出演され、高い演技力でも注目されていますよね。

そんな玉森さんですが肌が綺麗!と話題になることが多いんです^^

そこで今回は玉森裕太さんの色白美肌の秘訣や、実際に愛用されているスキンケアをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
目次

玉森裕太の透き通るような白さが話題!

SNSの玉森裕太”白肌”への反応

「白くて美しい」という意見が多く見られますね。

そして、玉森さんもご自身の好きなとことして「白い肌」と回答されてたいたんですね^^

『色白は七難隠す』と言いますし、こんなに綺麗な白肌で本当に羨ましいです!

スポンサーリンク

【画像まとめ】玉森裕太の白肌が美しすぎる…!

白肌なだけではなく、スベスベで肌自体がとっても綺麗ですよね!

こんな肌を維持するのにはきっと努力もされているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

玉森裕太の白肌の秘密は日焼け止めと化粧水!徹底ケアで美肌をキープ

玉森さんの美肌はお母様の教育の賜だともいいます。

2013年頃のインタビューで家に帰ると1番に母にシートマスクを貼られると話されていたことがありました。

その後、玉森さんも自身で色々とスキンケアを研究され、あの美肌を作り上げたそうです。

特にこだわっているのが日焼け止めと化粧水とのことだったので、ご紹介していきたいと思います!

玉森裕太愛用スキンケア1⃣:日焼け止め

玉森さんはとにかく、年中日焼け止めは絶対に欠かさないといいます。

元々乾燥肌なのもあり、「紫外線は敵」とのこと。

用途により使い分けをするほどこだわりを持っているそうです。

◆日常使い◆DHC サンカットQ10 EX ジェル

こちらはジェルタイプなので、日焼け止め特有の白浮きなどもなく使いやすいとのこと。

しかも、美肌成分もたっぷり配合されてるので紫外線ダメージを防ぎながら美肌を目指せるのだとか!

紫外線ケアしながら美肌も叶えるとは、さすがプロ意識の高い玉森さんですね^^

◆顔用◆資生堂 クレ・ド・ポー ボーテ クレームUV

こちらはエイジングケアもできる日焼け止め。

ベタつきや被膜感がない使い心地で、肌を1日中健やかでハリのある状態を維持できるそうです。

日焼け止めというと肌に負担がかかるイメージですが、むしろスキンケア感覚で使えそうです。

◆サーフィン用◆資生堂アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク

趣味がサーフィンの玉森さんは、外出の際はこちらを使用しているようです。

日焼け止めといえばアネッサを連想する方も多いほど、定番の商品ですよね。

しかも、こちらは敏感肌の人も使えるタイプなのだそう。

なので、元々乾燥肌で悩んでいた玉森さんも安心して使えるのでしょうね♪

さらに、汗や水でUVブロック膜が強くなるということで、正にアウトドアの時にぴったりの日焼け止めです!

スポンサーリンク

玉森裕太愛用スキンケア2⃣:化粧水

◆化粧水はこれ一択◆ランコム クラリフィック デュアル エッセンス ローション

2021年に1周年記念のイベントに登場してからこちらの化粧水を使い始めたという玉森さん。

2022年には公式アンバサダーにも就任され、就任イベントでは次のように話しています。

乾燥肌な自分の肌にマッチしていたみたいです。

日々の生活の中で意識を変えることで肌って良くなるんだ、と実感してます。

さらに、この時のイベントでランコムより『クラリフィック デュアル エッセンス ローション』を100本贈呈された玉森さん。

これは約10年分の量に匹敵するらしいです・・!

あまりの量に驚いた様子の玉森さんでしたが、

常に30センチ以内にいてほしいほどの良きパートナーなので、一滴残らず使わせて頂きます!

と笑顔で答えていました。

玉森さんの透き通るような白肌には欠かせないアイテムのようですね!^^

それにしても、玉森さんに「常に30センチ以内にいてほしい」と言ってもらえる化粧水が羨ましいですね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は玉森裕太さんの色白美肌の秘訣や、実際に愛用されているスキンケアについてまとめてみました。

  • 誰もが羨む白肌の持ち主
  • 母の教育で美肌への意識が高い
  • 日焼け止めは用途によって使い分けている
  • 化粧水はランコム一択

だということが分かりましたね!

これからも玉森さんの美しい白肌と活躍から目が離せません♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる